切らない手術や埋没法|セルライトなどの落ちにくいお腹は脂肪吸引で簡単除去
レディー

セルライトなどの落ちにくいお腹は脂肪吸引で簡単除去

切らない手術や埋没法

婦人

「切る」か「切らない」か

腫れぼったい一重をぱっちり二重にしたい、という希望は最近では女子だけにとどまらず男子でも思うことです。就職などの写真撮影でも、目がぱっちりとしていた方が印象がよくなりますし、完全な美容目的でなくても施術したいと利用する人もいます。しかし、やはり治療したあとに長期間腫れた状態でいることは、生活するうえで不便ですし、困ることも多くあります。そこでオススメしたいのは、なるべく腫れない治療で二重を手に入れることです。二重の治療法としては、大きく分けて「切る」ものと「切らない」ものがあります。「切る」手術はどうしても腫れが強く出る傾向があり、1週間ほどはメイクもできない状態となりますから、スケジュールの確保は重要になります。ただじゃあ「切らない」手術は腫れないのか、というとそうではないです。「切らない」術式は埋没法と呼ばれる糸で行う手術です。糸の種類や掛け方や、医師の技術によっても差が出るということは覚えておきましょう。

埋没法を選ぶときには

埋没法で二重を手に入れるときに、なるべく腫れない工夫はいくつかあります。まずは糸を柔らかく細いものを使用することによって、腫れを軽減することが出来ます。まぶたの裏側と表側を糸で結びつける場合も、編み込み方によっては腫れが強く出る場合があります。施術をする際は、局所麻酔を行いますが、まぶたの血管は非常に細いために、傷つけやすいというリスクがあります。経験の豊富な医師により、適切な箇所に麻酔を打ってもらうことが必要なのです。また、ぱっちり二重にしたいからと、二重の幅を広くとると、どうしても腫れが目立ってしまいます。幅を狭くすると、腫れないわけではないのですが不自然さはなく、手術をしたことを他人にも気づかれにくくなります。簡単にできると思われがちな埋没法による治療ですが、上記の点に注意して医師と相談して行うようにしましょう。